体重管理で予防

妊娠線を予防するために非常に効果的な方法として知られているのは、体重の管理を徹底して行うという方法です。妊娠線と体重管理がそもそもどのような関係があるのかをご説明します。

妊娠線が出来てしまうのはそもそも、急激な皮膚の伸びに皮膚が耐え切れなくなってしまった結果、肉割れが起きてしまうからというのがあげられます。ですが、女性の肌は元々基本的に柔らかく伸縮性がありますので、ある程度の伸びには対応が出来る物なのです。ですが、必要以上に体が大きくなってしまった場合、つまり、必要以上に太ってしまった場合は、皮膚の伸縮が追い付かず、肉割れを起こしてしまうことがあります。

妊娠をした女性の中で妊娠線が出来にくい女性の特徴の一つとして、体重の増加が11キロ以下で抑えることが出来ているという点があげられます。双子や三つ子の妊娠という場合でなければ、この増加量に抑えることは決して難しいことではありませんので、体重管理を適切にすることが、妊娠線を消すためには大切と言っても過言ではないでしょう。

妊娠線を防ぐためにも、自身の健康、胎児の健康のためにも、食生活や運動を正しく行うように心がけ、適切な体重を維持することが出来るようにするべきと言えるでしょう。