マッサージで予防

妊娠線を予防する方法の二つ目は、マッサージをすることです。妊娠線が出来てしまう原因の一つに、肌の固さがあげられますので、肌が固くならないように、適度にマッサージを行うことが、非常に効果的と言えるでしょう。

マッサージを行う際には、クリームやオイルを利用して行うことが大切です。潤いが無い肌の場合、ヘタに肌をごしごしとマッサージしてしまうと、肌が傷ついてしまったり、反対に妊娠線が出来やすくなってしまう可能性があります。クリームやオイルは好みの物を利用して構いませんが、胎児に悪影響を与える可能性がある成分が含まれている物もありますので、利用の際には事前に調べておくことが大切です。マッサージをする際には出来れば、妊娠線を予防する効果があるクリームなどを使って、優しく部分マッサージを行うと良いでしょう。

また、マッサージを行う際には、むやみに行ってはいけません。出来るだけ胎児に負担がかからないように、時間をかけてゆっくりとマッサージを行いましょう。血流に沿って優しくマッサージを行うことで、体の巡りを良くし、新陳代謝をアップさせ、肌を柔らかくしていく効果が期待できます。自分で行うのが難しければ、人に頼むというのも一つの手ですよ!